ジャックポット機能もある勝負不要なゲーム

ビデオポーカーを攻略しよう

オンラインカジノのビデオポーカーは、非常にペイアウト率が高く、ハウスエッジが低いのでとてもおすすめできるゲームの一つです。
オンラインカジノのゲームの中でも、ビデオポーカーはゲーム画面で遊ぶことが出来るので、日本人でも馴染みが深いです。
喫茶店でビデオポーカーが出来ることもあれば、ゲームセンターだったり、オンラインゲームでも出来るケースがありますので、すでにそこそこの腕前があるプレイヤーもいるのではないでしょうか。

ビデオポーカーは低ハウスエッジのゲームで、さらにマルチハンドゲームと言った要素もありますので、大きく勝てる可能性を秘めています。
簡単な役から揃えることが出来るので、楽しめるゲームです。

ここではそんなビデオポーカーの詳細をみていきましょう。

5枚のカードで役を作るゲーム

ビデオポーカーは、5枚のカードで役を作るゲームとなっています。

ビデオポーカーは、まず最初に5枚のカードが配られます。
配られたカードの中から残したいカードをホールドで残し、チェンジしたい場合には対象のカードをかえることができます。
新たなカードで5枚の役を作ることを目指します。

役が出来たら、それに応じて配当を受け取ることが出来ます。
役については簡単なワンペアから、難しい最高の役のロイヤルストレートフラッシュまでがあります。
揃えるのが難しいほど配当が大きくなります。

また、ビデオポーカーにはさまざまな特性があり、たとえばマルチハンドシステムといって、チップは10倍必要となりますが、10手同じチャンスが生まれるという面白いシステムもあります。
こちらで波の荒さを押さえることも出来ます。
また、勝ったときには賞金を倍賭け出来るシステムであるダブルアップなども存在します。

ビデオポーカーのゲームの種類は?

ビデオポーカーのゲームには、さまざまなバリエーションがあります。
特にオンラインカジノのビデオポーカーは種類が豊富で、いろいろな特長があるのです。
種類ごとに違いがありますので、 いろいろと遊んで、試してみることをおすすめします。

例えばジャックスオアベターといって、J(ジャック)のワンペア以上を役と認めるルールのゲーム、テンズオアベターといって、10のワンペア以上を役と認めるルールのゲームがあります。
そしてジョーカーポーカーといって、ジョーカーを万能カードとして使用できるというルールのゲームもあります。

また、マルチハンドゲームはその分チップが必要になりますが、10~100回のものもあり、何度もチャンスが生まれるゲームもあります。
プログレッシブジャックポットゲームでは、世界中のプレイヤーの賭け金が積み立てられていき、一人のプレイヤーに当たるという仕組みになっています。
つまり、高額の賞金一度に当たるので一攫千金を目指すことが出来るのです。

様々な種類があるのですが、はじめての方でも簡単に手軽に遊ぶことが出来ますし、更にオンラインカジノの場合は無料ゲームでお試しプレイが出来るので、試してみることをおすすめします。

ビデオポーカーの役にはどんなものがある?

ビデオポーカーの役について、一番簡単な役としてワンペアがあります。
これは1つのペアが組み込まれているカードの役ですが、ジャックオアベターの場合はJ以上でないと認められません。
ツーペアはこのペアが2つ揃ったもの、スリーカードは同じ数字が3枚揃ったものになり、フォーカードは4枚同じ数字が揃ったものになります。
ここまではある程度分かりやすい役なのですが、フルハウスは、ツーペアとスリーカードが混在した5枚の組み合わせ、フラッシュは同じマークが5枚揃った組み合わせ、ストレートは連続した数字が5枚揃ったものと、だんだんと条件が難しくなっていきます。

更に揃い難い役として、ストレートフラッシュは連続した数字の5枚のカードでかつマークが揃っているもので、ロイヤルストレートフラッシュは、連続した10,11,12.13、Aのカードで、マークも揃っている組み合わせになります。
ただし、Aを超えて2までの連続は認められないので、Aが端に来る必要があります。
覚えるためには、まずは無料プレイで慣れてみることがおすすめです。

ビデオポーカーの魅力やメリット

ビデオポーカーの魅力についてですが、まずはオンラインカジノのゲームの中でも非常にペイアウト率が高く、ハウスエッジが低い優良ゲームであるということです。
勝ちやすく、初心者でも戦略を練れば安定して勝ちを目指せるということになります。

また、ビデオポーカーの中はマルチハンドゲームがありますので、波の荒さを押さえることが出来て、チャンスも生まれやすくなるというメリットもあります。

コメントする