Popular game site rankings

第一位

ジパングカジノ

オンカジ絶対王者 ジパングカジノ

数ある日本語対応カジノの中でも随一の対応力・サポート力を誇り、オンラインカジノの絶対王者と呼ぶにふさわしいカジノです。

第二位

ベラジョンカジノ

大人気のモバイルカジノ ベラジョンカジノ

複数のソフトウェアのゲームがノーダウンロードで遊べる上に、プロモーションも豊富で非常に遊びやすいカジノです。

第三位

チェリーカジノ

ダントツの運営実績 チェリーカジノ

半世紀以上の運営実績からくる信頼性とユーザビリティに優れた利便性で多くのプレイヤーから評判高いカジノです。

第四位

ラッキーニッキーカジノ

アニメとタイアップしたカジノ ラッキーニッキー

オンラインカジノ界でもレアな『アニメとタイアップしたカジノ』として有名で、新鋭ながら高い人気を博しています。

第五位

カジ旅

RPG風のインターフェースが人気 カジ旅

業界では他に類を見ないRPG風のシステムを導入し、ゲームプレイ以外の面でも愉しませてくれています。

第六位

ジャックポットシティ

業界屈指の規模と歴史を誇るカジノ ジャックポットシティ

業界の一角を占める運営規模とマイクロゲーミング系の古豪カジノとしての長い歴史が自慢のカジノです。

ネットベットカジノ

色んなギャンブルが楽しめる ネットベットカジノ

オンリーワンのソフトウェアが楽しめる上に、カジノ以外のギャンブルも楽しめるカジノです。

Popular game site rankings

第一位

ジパングカジノ

オンカジ絶対王者 ジパングカジノ

第二位

ベラジョン
カジノ

大人気のモバイルカジノ ベラジョンカジノ

第三位

チェリー
カジノ

ダントツの運営実績 チェリーカジノ

 

第四位

ラッキー
ニッキー

アニメとタイアップしたカジノ ラッキーニッキー

第五位

カジ旅

RPG風のインターフェースが人気 カジ旅

第六位

ジャックポット
シティ

業界屈指の規模と歴史を誇るカジノ ジャックポットシティ

第七位

ネットベット

色んなギャンブルが楽しめる ネットベットカジノ

世界中のプレイヤーが参加しているオンラインカジノ

ジャックポットシティカジノ

世界中のギャンブラーに人気が高いのがオンラインカジノです。
オンラインカジノは運営会社、プレイヤー、カジノ合法国の政府、ソフトウェア制作会社、審査機関、決済会社が大きく関わっています。

オンラインカジノのサービスを直接提供しているのが運営会社です。
海外にサーバを置いており、日本人プレイヤーはそのサーバにアクセスしてプレーします。

運営会社はカジノ合法国の政府からカジノライセンスの取得を行います。
申請したからと言って必ず審査に受かるわけではありません。
審査基準をクリアしないとライセンスの発行は受けられないのです。
ただしカジノ合法国の政府によって審査基準に差があります。

マイクロゲーミング

オンラインカジノでプレー出来るカジノゲームを開発しているのがソフトウェア制作会社です。
運営会社はソフトウェア制作会社にライセンス料を支払しています。
マイクロゲーミングなど大手のソフトウェア制作会社ほどライセンス料が高くなります。

公正性のあるゲームが行われているかどうか、審査を行っているのが審査機関です。
運営会社、ソフトウェア制作会社が自ら審査を行うのでは都合の良い結果を出す恐れがあります。
そのため運営会社、ソフトウェア制作会社の利益に左右されない第三者の審査機関となっています。
この審査機関はペイアウト率の監査も行っており、オンラインカジノのサイトにてペイアウト率を公開しています。
第三者の審査機関による審査や監理を受けているオンラインカジノならインチキと言った心配は殆どありません。

ecoPayz

プレイヤーがお金を賭ける際に必要なのが、オンラインカジノへの入金です。
見事ゲームに勝ち、ペイアウトの受け取りが出来たら出金出来るようになります。
この入出金を担当しているのが決済会社です。
ネッテラーやエコペイズなど様々な決済代行会社があります。
中にはオンラインカジノへの入金に使えない場合があるために注意が必要です。

オンラインカジノは宝くじやパチンコ、競馬などのギャンブルよりペイアウト率が高いと言うメリットがあります。
なぜペイアウト率が高くなるのか、その理由は経費を抑えることが可能だからです。
宝くじやパチンコ、競馬などでは人件費や店舗の維持費など、様々な経費が掛かります。
しかしオンライン上でサービスを提供するオンラインカジノの場合、店舗を構える必要がありません。
雇う人数も少なくて済むため、その分ペイアウト率を高く出来るのです。
オンラインカジノにはハウスエッジと言う仕組みがあります。
短期的にはペイアウト率100%を超えることがあっても、プレイヤーがプレー回数を増やしていくと限りなくハウスエッジ分の損失に近づきます。
この仕組みがある関係上、ペイアウト率を高くしても運営会社は負けないのです。

payout

オンラインカジノでトータル的に勝つにはプレイヤーの工夫が必要です。
オンラインカジノのゲームではウィナーズ投資法やモンテカルロ法、ココモ法など様々な必勝法が有効と言われています。
マーチンゲール法では賭けに負けたら次回は賭け金を倍にすると言う必勝法となっています。
負けが続いても、一度勝てば今までの負け分を取り戻すことが可能です。
勝率50%に近いカジノゲームで有効ではあるものの、負けが続き過ぎると資金が足りなくなり続けられないと言うデメリットがあります。
必勝法と言っても必ず勝てるわけでは無いのです。

合法

オンラインカジノでお金を賭けた場合、違法性があるのか無いのか分かり難いことがありました。
2016年2月にはオンラインカジノの決済会社の関係者が逮捕されたことがあります。
この時は決済会社のため、プレイヤーは大丈夫と言われていました。
しかし2016年3月にはオンラインカジノのプレイヤーが逮捕されると言う事件が起こりました。
2016年6月にはオンラインカジノの運営関係者も逮捕されています。
日本では2016年12月にIR推進法案が可決されました。
経済効果を期待してカジノを合法化しようとする動きです。
オンラインカジノの違法性があるのか無いのか、ハッキリする可能性が高いです。
オンラインカジノの運営会社は海外が殆どです。
合法化しようとする動きがさらに進めば、国内の運営会社も登場するのではと予測されています。

100%入金ボーナス

オンラインカジノの多くでボーナスと言うサービスを提供しています。
100%初回入金ボーナスなら初回100ドルの入金で100ドルのボーナスを受け取り出来るのです。
単純に賭け金が2倍になるのが、大きな魅力となっています。
ただしボーナスには適用条件があります。
入金額プラスボーナス額に対し、何十倍のプレーを行うことと言った条件です。
10倍20倍30倍40倍など、オンラインカジノによって異なります。
そのためボーナスだけ受け取りし、プレーせずに出金すると言ったことは出来ません。
もし出来た場合、運営会社がまるまる損失となってしまいます。
そのためにこのような条件を付けています。
オンラインカジノによっては除外ゲームと禁止ゲームがあるため、ボーナスを受け取りしたい時は注意して下さい。

コメントは受け付けていません。